超党派での「戦争をさせない江戸川集会」に参加しました~地域から平和を守る!

2015年6月1日 19時47分 | カテゴリー: トピックス

タワーホール前を歩く 本西みつえ

戦争をしないことが当たり前だと思っていた社会が、今まさに変えられようとしています。

5月31日(日)13時30分~ 船堀スポーツ公園にて集会が開かれ、その後、東小松川南公園までデモ行進を行いました。200人以上もの人々が集い、「戦争法案反対!」「憲法9条を壊すな!」のシュプレヒコールを挙げ行進しました。

 政府は14日に、集団的自衛権の行使を可能にする新しい安全保障法制の関連法案、「国際平和支援法」などを閣議決定し、自衛隊が海外で武力を行使できる環境を着々と整えつつあります。集団的自衛権に多くの国民が反対しているにもかかわらず、数の論理で国会での審議を押し切ろうとする現政権に、危機感が募るばかりです。    

                                                        

地道な地域活動を続ける江戸川ネットをいつも応援してくださる鈴木篤弁護士も。

 私たち、江戸川・生活者ネットワークは、地域から平和を求める活動として、7月の原爆犠牲者追悼式、3月の東京大空襲戦没犠牲者追悼式など、長年に亘り地域の活動に関わってきました。私たちは、戦争を知らない、経験していない世代のメンバーがほとんどですが、戦争や被爆を経験された方々と共に、これからの世代に引き継ぐ立場として、責任ある活動、行動としてこれからも継続していきたいと考えます。 

 「平和のために戦争する」積極的平和は、「二度と戦争をしない」と謳った憲法に対して違反しています。私たちの世代がしっかりと平和のバトンを受け継ぎ、次の世代に渡さなければいけません。

  「戦争させない江戸川集会」は、超党派の市民活動団体が、戦争できる国に変えようとする現政権に対して、地域で結集してアピールすることの意義ある活動だと考え参加しました。地域から憲法を守り、平和を広げる活動をさらに広げるために、皆さんと一緒に取り組んでいきたいと思います。

(代表・運営委員  藤居 阿紀子)

                      *本西みつえのHPも合わせてご覧ください。

江戸川ネットから参加した藤居阿紀子と本西みつえ(右)