参議院選挙の取り組み 投票に行きましょう!

2019年7月12日 19時23分 | カテゴリー: トピックス

 第25回参議院選挙では、「安倍政治を終わらせる夏に! 」をスローガンに、東京・生活者ネットワークとして、塩村あやかさん(立憲民主党)、山岸一生さん(立憲民主党)、また比例代表(全国区)では、全国市民政治ネットワーク・神奈川ネットワーク運動出身の若林とも子さんを推薦しました。

生活者ネットワークは、国会議員を持たない「地域政党(ローカルパーティー)」ですが、国政にも生活者の視点で活動する議員を送りだすために政党と政策協定を交わし取り組んでいます。

格差社会の問題、福祉では老老介護やヤングケアラーの問題、また年金生活者の2000万円不足問題など、生活に関わるさまざまな問題が山積しています。このような状況の中で、東京生活者ネットワークの国政取り組み方針にある5つの基本政策をもって、立憲民主党との協定を交わしました。

■基本政策

1.憲法を活かす

1.脱原発、省エネルギー、再生可能エネルギー政策を推進する

1.地域主権を拡大する

1.セーフティネットを充実させる

1.女性議員を増やす

「今、特段 困っていることはないから」とは言っても、この選挙後に決められる国の制度は20年後、30年後の社会にまで影響を及ぼします。「自分の1票くらいじゃ変わらない」と思っている方!その1票が大切なのです。固定票といわれる支持が決まっている団体の票ばかりでは、私たちの社会は変わりません。6年の任期を持つ参議院議員を選ぶことは、国の行方を大きく左右する基になるのです。投票に行きましょう!投票は、私たち市民の意思表示の手段なのです。

神奈川ネットワーク運動で活動していた若林ともこさんのニュースは

こちらへ https://wakabayashitomoko.jp/wp-content/uploads/2019/07/wakatomonews23.pdf