東京都議会議員選挙2017 結果報告

2017年7月3日 15時14分 | カテゴリー: トピックス

7月2日(日)に行われた都議会議員選挙の開票結果は、東京・生活者ネットワークの獲得議席は1という厳しい結果となりました。

投票率は 東京都全体では51.28%(前回43.50%)と、今回の都議選への関心の高さがあらわれました。東京・生活者ネットワークから立候補した4人の結果は下記の通りです。

世田谷区    岡本京子   9位(定数8)

杉並区     小松久子   7位(定数6)

練馬区     菊地靖枝   8位(定数6)

北多摩2区      山内れい子  2位(定数2)

江戸川区での投票率は47.80%(前回42.26%)でした。今回の選挙で、自民党一党体制だった都議会の構成を変える結果については、意味ある選挙だったと考えます。要因として、都民ファーストの旋風が追い風となったことが挙げられますが、常に国政の影響を受けながら、それによって民意が動く都議会議員選挙のあり方には疑問が募ります。

「チャンス!東京を変える」 をスローガンに、選挙中訴えてきた「暮らしのまち東京」を実現するために、江戸川・生活者ネットワークとしても、地に足のついた活動を継続させ、誰にとっても暮らしやすいまちをつくっていきます。