荒川河川敷でごみ拾いしました。  ~荒川クリーンエイド報告~

2015年11月8日 20時36分 | カテゴリー: トピックス

11月1日(日)恒例の荒川クリーンエイドを行いました。今年は荒川マラソンというイベントと重なり、いつもの集合場所、ドーム型あずまやのまわりには大勢の人だかり!コースを走る人たちの邪魔にならないよう河川敷に降りてのゴミ拾いになりました。

例年活動する場所から、少し下流に移動し、船堀橋下周辺でゴミ拾いをしました。毎年参加してくれているガールスカウト215団のみなさんや、ボランティア活動の認定証が必要という高校生など総勢48人でゴミ拾いをしました。今年は秋の日差しのなか、ペットボトルだけで45ℓのフクロいっぱいに8袋、燃やすごみ、燃やさないごみ合わせて27袋になりました。

ペットボトルは9割が回収されているということですが、それでも年間32,000本ものペットボトルがこのクリーンエイドでは拾われています。分解されるのに数百年の単位が必要なプラスチックは粉々になれば分解されたように思えますが、これを魚が食べても消化されるわけではありません。プラスチックはあくまでプラスチックのままです。ペットボトルは便利ですが、なるべく使わないようにと今回はマイボトル持参キャンペーンも行いました。

投網でとれた魚の説明を聞きました。

ごみ拾いのあとは、外来種で繁殖力の強いのセイタカアワダチソウの除去。自分たちの背より高いアワダチソウをたくさん引き抜きました。そしておなじみの投網でとれた魚の観察。今年はクラゲもいました。最後にみんなで持ち寄った材料で作った恒例の豚汁を食べて解散しました。