報告~9月10日の大雨被害について

2014年9月18日 11時23分 | カテゴリー: トピックス

  10日夕方、大気の状態が不安定となり、発達した積乱雲の影響で、区内に猛烈な雨が短時間に降りました。江戸川区危機管理室から、同日23時30分、速報が出されています。データは以下のとおり。 (単位㍉)

種別

小松川

小岩

中央

葛西

東部

鹿骨

最大60分雨量

85

85.5

94.5

0

22

50.5

日積算雨量

160

151

157.5

0

35.5

90

  テレビや新聞での報道のとおり、小松川3丁目の国道14号線では、タクシーが冠水したことに伴い、「人命救助」1件と報告されています。 

 「床上浸水」は、22件とされましたが、18日現在、15件と修正され、まだ流動的とのこと。場所は、本一色、上一色です。 (場所も訂正がありました)

「道路冠水」は62件、中央1~4丁目、平井1・2・5・7丁目、松江1~2丁目、松本1丁目、松島1・2・4丁目、西小松川、東小松川。

 「床下浸水」は、29件、、その他30件。 

 区施設の被害状況は、区役所本庁舎、小岩区民館、篠崎コミュニティホール及び小岩第二中学校給食室で雨漏り、総合体育館プールで濾過機の故障。小松川さくらホール、平井コミュニティ会館、中平井コミュニティ会館で排水逆流の被害がありました。今も被害状況の整理中とのことです。 

 被害にあわれた方で、罹災証明の必要な方は生活振興部生活振興課、消毒薬の必要な方は健康部生活衛生課(小岩健康サポートセンター)、水害ごみについては環境部清掃課がそれぞれ対応しています。消毒薬の問い合わせはすでに60件あるとのことです。 

*江戸川区役所代表TEL 03-3652-1151

 区では、異常気象による水害を防ぐとして、江戸川など一級河川でのスーパー堤防化など、外水対策に重点を置いていますが、昭和33年以降、区内で起きた水害はすべて内水氾濫です。

  今回も被害の出た松本1丁目は、水害が起きやすいことから、H23年4月に、ルートを変える局所改良がなされ、区では、対策の効果あり、としてきていました。

 未だ1時間50ミリの降雨への対応しかできていない状況を早急に改善すべきであり、昨今の度重なるゲリラ豪雨に対しては、やはり内水対策こそに力点を置くべきです。