都議会議員選挙に向けて元気にスタート!~東京ネット「2013新春のつどい」開催

2013年2月6日 17時21分 | カテゴリー: トピックス

 1月30日(水)、中野サンプラザにて、東京・生活者ネットワーク主催の「2013年新春の集い」が開催されました。 

 第1部は、米国人で詩人・随筆家・翻訳家であるアーサー・ビナードさんの基調講演「福は内! プルトニウムは外!」(youtubeはこちら)。米国による日本への2度の原爆投下の理由は、戦争を早期終結するためと言われてきましたが、実は米国の一部政府上層部が秘密裏に進めた核開発の「マッハッタン計画」に、憲法違反になるほど膨大な金をつぎ込んだことを隠蔽し、正当化するためだった、とか、平和利用という名のもとの原発は、核兵器と同じく、軍産複合体(軍事産業の維持・発展を積極的に推進することを目的とした利益追求集団)への莫大な利益誘導のために作られていっているなど、原子力と核開発の核心に触れる熱弁は、新しい視座を提供していただきました。

  また、脱原発の主張や活動を拡げ、実現していくためには、原爆を作った側の言葉ではなく、ヒロシマの被爆者が実感して使った「ピカドン」のように、「原発」ではなく、生活者の立場からの言葉を作り出すことが大事だと、言葉を大事にする詩人としての示唆に富む発言に共感を覚えました。 

 第2部は、今年の夏に予定されている東京都議会選挙に生活者ネットワークから立候補を予定している大田区・奈須りえ(現区議会議員・新人)、練馬区・やない克子(新人)、世田谷区・西崎光子(現都議会議員)、杉並区・小松久子(現区議会議員・新人)、国分寺市及び国立市・山内れい子(現都議会議員)、昭島市・星ひろ子(現都議会議員・推薦)の6人が、東京を暮らしやすいまち、自治するまちに変えるために議席を勝ち取る決意表明を力強く行ない、会場は熱気で盛り上がりました。 

 江戸川・生活者ネットワークは、東京都議会選挙には独自候補者を擁立はしませんが、立候補予定者6名の仲間を全力で応援していきます。

(運営委員・古川久美子)

●東京都議会議員選挙は、6月14日(金)告示、23日(日)投開票です。

 

アーサー・ビナードさんを囲む都議選予定候補者