新春区政報告会を開催

2011年1月24日 15時08分 | カテゴリー: トピックス

1月22日(土)、小松川さくらホールと臨海町コミュニティ会館の2会場で、毎年恒例の区政報告会を開催しました。稲宮須美と堀場りさ子が担当した小松川の会場では、●保育関係で、新設される認可園、認証保育所や区立園の民営化について ●障がい者関係で、主に都立特別支援学校の統合について ●介護保険関係で、第五期介護保険計画策定に向けた状況 ●学校教育関係で、土曜日の正規授業開始、学校給食栄養士の民間委託問題 ●地方議員年金廃止・費用弁償についてなどを取り上げ、稲宮須美からの現状報告と参加者による議論がなされました。
また、統一地方選挙に向けて、堀場りさ子が、現在の活動の報告と選挙に向けたアピールをいたしました。その中で、保育園の民営化について、自身の子どもが通う園が対象となっていることから、さまざまな意見があることを受け止め、江戸川ネットとして主張している、公表の時期についてや民営化園としてのメリットを生かす保育内容にしていくことなど、継続して提案していくことなどが話されました。

19時から始まった臨海町コミュニティ会館の会場には、主に地域のPTA、青少年地区委員会、すくすくスクール、読み聞かせなどで活動している多くの方が参加して活発な討議がされました。区政報告の内容について、参加者の状況から、●学校教育関係で、土曜日正規授業の開始、学校応援団・読書科のことについて ●地域のNPO団体「子どもおんぶず」が取り組んだ、子ども・若者発!子どもの声を聞くアンケート調査についての報告 ●地方議員年金廃止・費用弁償についてを取り上げました。
2期目をめざす新村いく子は、区議会議員になる前から、地域でともに活動してきた参加者の力強い応援を受け、さらに子どもたちが暮らしやすい環境づくり、子どもの権利条例制定などの政策実現に向けた抱負を述べました。

★お知らせ
3月27日(日)14:00~16:00
場所:タワーホール船堀
「それゆけ!市民のつどい」を開催します。
 基調講演:江戸川区在住の環境活動家として活躍の田中優さん
 政策発表・新村いく子、堀場りさ子が区政に向けた決意表明
 
 ※参加を希望される方は、事前にご連絡をお願いします。
  soreyuke@net.email.ne.jp