2008年度の江戸川区が提案している主な事業を紹介します

2008年2月25日 21時35分 | カテゴリー: トピックス

●子ども医療費助成事業
 助成対象を中学3年生の通院助成まで拡大。(負担額はなしになる)
●「子ども未来館(仮)」の建設
 子どもの可能性を広げる場として、篠崎図書館を改築し、ポニーランドと一体整備を行う。
●篠崎文化プラザの開設
 図書・伝統工芸展示・特産品PRなど多くの機能を持つ複合施設として開設(篠崎駅前)
●平井地区区民施設の建設
 30館目のコミュニティ会館の建設に向け用地を取得のための経費
●プラスティク資源回収の全区展開 プラスティック焼却のサーマルリサイクル事業開始と同時に始めるもの。プラマークの付いた容器類などを回収。
●環七シャトルバス
 南北交通問題解消、シャトルセブンの導入に向けて運行を継続
●住宅等の耐震化促進事業
 平成27年度までに区内住宅等の耐震化率をアップする。
●小学校・区立幼稚園へのクーラー設置
 2007年度の中学校につづいて、予定の2ヵ年での設置を前倒しして、区内小学校・幼稚園にクーラーを設置する。
●新川千本桜の整備
●駅前広場・駐輪場の整備(葛西駅東西・平井駅南口・一之江駅南口)

 私たちの税金の使い方について、予算特別委員会ではさまざまな議論がされます。主な予算についても、みなさんの中にも賛成・反対の意見があることと思います。ぜひ、議会の議論の状況を傍聴してください。

※区の予算書は、財政課の窓口で貸し出しされています。